研修講師メッセージ vol.03

河野貴代美

河野貴代美

「高い山の頂上を見て気後れするよりは、まずは3合目を見て『よし、これなら自分も登れる!』と確信を持って頂こう」
新人ガイド研修講師を拝命した際、この私に何が出来るかを考え、このように決意し準備を進めました。


通訳案内士の試験に合格しガイド証を手にしても「さぁ仕事はどこから貰えるのか?」
「はて浅草はどう案内するのか?」「お客様は何を知りたがっているのか?」
全てが未知の状態でのスタートです。
英語が上手くても歴史に詳しくても、それだけではガイドの仕事は務まりません。
エージェントから繰り返しお仕事を頂けるようなガイドになる為に、何をすべきか、何をすべきでないか、スタートラインに立った新人ガイドの皆さんに経験者としてお伝えしたい事が沢山あります!

「富士の新人ガイド研修に参加して良かった」と思って頂けるように、理想論ではなく生身の体験談、失敗談、こぼれ話、etc…何より転ばぬ先の杖としての知識をこの研修で備えて頂きたいと願っています。
研修は全て英語でやります。細部の解説は日本語で補います。
受講生の皆さんがガイドの仕事を具体的にイメージできるよう実際のガイディング披露、その背景の情報を惜しむ事なくお伝えしたいと思っています。

私自身の初仕事、ガイドデビューは富士からのお仕事でした。
その前夜は不安で泣きたい思いでした。あんなに待ち焦がれていた初仕事なのに自分でも信じられないほど逃げたい気持ちになったのです。
また、初めてのロングツアーも富士から頂きました。
その時もどんなに準備しても不安で憂鬱で、台風でツアーが中止になればいいと思った程です。
今では新しい仕事が入る度にガッツポーズして嬉しくてたまりません。
自分が必要とされる喜びを感じます。
どんなお客様と出会えてどんな会話を楽しめるかワクワクします。

新人ガイド研修を終えたその日から受講生の皆さんは「ガイド仲間」です。
ガイドのお仕事の素晴らしさを分かち合える仲間をどんどん増やしていきたいと切に願っています。